体操女子 団体メンバー3人は5月NHK杯上位選手 東京五輪代表選考基準を決定

[ 2020年1月18日 05:30 ]

寺本明日香
Photo By スポニチ

 日本体操協会は17日の常務理事会で体操女子の東京五輪代表選考基準を決め、4人の団体総合メンバーのうち4月の個人総合の全日本選手権(武蔵野の森総合スポーツプラザ)の得点を持ち点にして争われる5月のNHK杯(高崎アリーナ)で上位3人を選ぶことになった。残り1人は6月の全日本種目別選手権(高崎アリーナ)までの結果を踏まえ、複数種目で団体総合に貢献できる選手を選ぶ。寺本明日香(ミキハウス)畠田瞳(セントラルスポーツ)は3、4月の個人総合W杯シリーズの結果次第で団体総合のメンバーに決まる可能性があり、そのときはNHK杯で上位2人を選出する。

 今後の国際大会の結果次第で日本は団体総合と別に個人で最大2人の出場が可能。五輪出場枠を獲得した場合は全日本種目別までの選考会の結果で決める。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース