瀬戸大也 200バタで日本新、世界歴代3位 個人メドレーも自己ベスト 競泳CS第2戦

[ 2020年1月18日 18:49 ]

競泳チャンピオンズS第2戦男子200メートルバタフライ 1分52秒53の日本新で優勝し喜ぶ瀬戸大也
Photo By 共同

 競泳のチャンピオンズシリーズ(CS)第2戦は18日、北京で行われ、男子200メートルバタフライで瀬戸大也(ANA)が世界歴代3位にあたる1分52秒53の日本新記録で優勝した。従来の記録は、松田丈志が高速水着時代の2008年北京五輪で出した1分52秒97。坂井聖人(セイコー)は1分56秒23で3位だった。

 今年初の実戦に臨んだ瀬戸は、200メートル個人メドレーも1分55秒55の自己ベストで制し、既に代表に決まっている東京五輪に向け、上々の調整ぶりを披露した。

 男子100メートル背泳ぎの入江陵介(イトマン東進)は52秒97で、徐嘉余(中国)と同着の1位だった。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース