朝乃山の恩師・近大の伊東監督急逝に八角理事長「人材育成に貢献してもらった。同世代だしショック」

[ 2020年1月18日 19:34 ]

大相撲初場所7日目 ( 2020年1月18日    両国国技館 )

<大相撲初場所7日目>北勝富士(左)に勝利する朝乃山 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 近大の伊東監督の急逝を受け、八角理事長(元横綱・北勝海)は「うちの部屋も(近大から)何人か入っている。(相撲界の)人材育成の貢献してもらった。同世代だしショックだよね」と故人をしのんだ。

 また、その伊東監督の教え子の朝乃山が、自身の弟子の北勝富士を破り連敗を2で止めた。「堂々とした相撲ですよ。押し相撲(の北勝富士)にこれだけ前に出ていけるのは自信があるということ。連敗していたけど、勝つとまた気持ちが違ってくる。精神的なものだよね」と評価した。

 一方で立ち合いで、のど輪を狙いにいった北勝富士については「(朝乃山の出足を)手で止めている。押さえているだけだから。押し相撲は踏み込まれるのが一番嫌」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース