美誠 ひなとダブルス苦戦も4強「落ち着いて戦術を立てられた」単も8強入り

[ 2020年1月18日 05:30 ]

卓球 全日本選手権第5日 ( 2020年1月17日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

接戦を制して準決勝進出を決めた伊藤美誠(右)、早田ひな組(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 女子ダブルスで、3年連続3冠を狙う伊藤が天敵に苦しみながら4強を決めた。準々決勝は、3年前にシングルス5回戦で敗れた安藤がいるペア。異質ラバーの使い手に苦しみながら、早田とのコンビでフルゲームで競り勝った。

 伊藤は「2ゲーム目から相手の戦術が凄くて、こっちのミスが増えた。その中で落ち着いて戦術を立てられたのが良かった」と笑顔。シングルスも8強を決めた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース