張本 成長みせた高校生対決ストレート勝ち「あの場面で焦らなかった」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

卓球 全日本選手権第5日 ( 2020年1月17日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

サーブを放つ張本智和(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子シングルスでは“大人の”張本が8強入りだ。6回戦は横谷との高校生対決。2ゲームを先取した第3ゲームは一時、6―9とリードされたが、5連続ポイントでストレートで撃破した。

 「あの場面で焦らなかったのが成長したところ」。昨年12月のワールドツアー・グランドファイナル準々決勝で世界1位(当時)の許昕(キョキン)をマッチポイントまで追い詰めたが、敗れた。「負けているのにオーラを感じた」。一流から心も学び2年ぶりの戴冠に前進だ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース