グリズリーズが7連勝 モラント&クラークの新人コンビが活躍 マーベリクスは4連勝

[ 2020年1月18日 14:41 ]

キャバリアーズのラブをかわしてパスを繰り出すグリズリーズのモラント(AP)
Photo By AP

 NBAは17日に各地で7試合を行い、西地区全体7位まで順位を上げてきたグリズリーズは地元メンフィスでキャバリアーズを113―109(前半54―56)で振り切って20勝22敗。7連勝を飾って今季初の勝率5割まであと2勝と迫った。

 3季目のシューティングガード、ディロン・ブルックス(23)が4本の3点シュートなどで26得点を挙げれば、ドラフト全体2番目に指名されたポイントガードのジャー・モラント(20)も16得点と8アシストをマーク。ウィザーズの八村塁(21)とゴンザガ大で同期だったフォワードで、全体21番目に指名されたブランドン・クラーク(23)も15得点と2ブロックショットを記録して勝利に貢献した。

 西地区全体6位のマーベリクスは地元ダラスでトレイルブレイザーズを120―112(前半72―63)で下して27勝15敗。昨季の新人王、ルカ・ドンチッチ(20)が自己最多となる8本の3点シュート(試投12本)を成功させ、35得点、8リバウンド、7アシストを稼いでチームの4連勝に貢献した。

 <17日の結果>

*ラプターズ(27勝14敗)140―111ウィザーズ(13勝28敗)
*ペイサーズ(27勝15敗)116―114ティンバーウルブス(15勝26敗)
*76ers(27勝16敗)100―89ブルズ(15勝28敗)
*グリズリーズ(20勝22敗)113―109キャバリアーズ(12勝30敗)
ヒート(29勝12敗)115―108*サンダー(23勝19敗)
ホークス(10勝32敗)121―120*スパーズ(17勝23敗)
*マーベリクス(27勝15敗)120―112トレイルブレイザーズ(18勝25敗)

 *はホームチーム

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース