9度目カド番の豪栄道 玉鷲押し出し2勝目 残り6勝必要も「いいきっかけに」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

大相撲初場所6日目 ( 2020年1月17日    東京・両国国技館 )

玉鷲(右)を押し出しで破る豪栄道(撮影・久冨木 修) 
Photo By スポニチ

 9度目カド番の豪栄道が2勝目を挙げた。玉鷲に頭で当たり、土俵際でさらに体勢を低くして押し出した。「踏み込まれると力の強い相手。いいきっかけにしたい」と一息ついた。

 残り9日間で6勝が必要と、依然として苦しいが、「初日から立ち合いや踏み込みは悪くないんで」と前向き。昨年九州場所を途中休場し、本格的な稽古再開は年明けから。相撲勘の回復がカギを握りそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース