美宇また魔の5回戦…昨年に続き年下選手に敗戦「やりにくかった」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

卓球 全日本選手権第5日 ( 2020年1月17日    大阪市・丸善インテックアリーナ大阪 )

高校生の出沢杏佳(左)に敗れて5回戦で姿を消した平野美宇(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 女子シングルス5、6回戦で、東京五輪団体代表の平野美宇(19=日本生命)は“魔の5回戦”で敗れた。

 今年も女子シングルス5回戦に魔物がいた。東京五輪団体戦代表の平野が、17歳の出沢に敗れる大波乱。「最後まで自分のペースがつかめず終わった感じ」。不完全燃焼の1敗に、振り返る声のトーンも沈んだ。
 前回大会ジュニア女王の出沢は、フォアとバックで1球ごとにボールの質が変わる変則型。「他の選手とタイミングが違ってやりにくかった」。第3ゲームは中盤に8連続失点。追い上げた第4ゲームは自分のミスで終戦を招いた。

 1年前も同じ5回戦で4歳下の木原に敗れた。「同じ結果で、残念だな、と。もっと練習しないといけない」。東京五輪を半年後に控え、手にした薬。無駄な経験にしないためには、大舞台で教訓を生かすしかない。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース