張本智和が4戦連続ストレートで4強 全開チョレイは封印

[ 2020年1月18日 14:03 ]

卓球・全日本選手権第6日 ( 2020年1月18日    丸善インテックアリーナ大阪 )

<全日本卓球選手権 男子シングルス準々決勝>準決勝進出を決めた張本智和(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 男子シングルス準々決勝で、張本智和(木下グループ)が吉村真晴(名古屋ダイハツ)を4―0で下し、19日の準決勝に駒を進めた。

 今大会のシングルスは4回戦からの登場で4試合連続でストレート勝ち。「チャンスを決めきることができた。体力面でもここまで疲れていない」と自信の表情を浮かべた。

 おなじみ「チョレイ!」の雄叫びも、ここまでは控えめ。ボリュームを示す“チョレイ指数”はこの日も「80くらい」とし、「100出す時は危ない時。できれば(100)出さずにいきたい」と言う。

 昨年は準決勝で敗れた。2年ぶりの日本一奪回へ、あと2勝。「優勝だけを目指している。優勝できないとやっぱダメ」と静かに闘志を高めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース