貴景勝 御嶽海狩り4連勝 阪神大震災への思い「活力になってもらえるように」

[ 2020年1月18日 05:30 ]

大相撲初場所6日目 ( 2020年1月17日    東京・両国国技館 )

御嶽海を突き落としで破る貴景勝(左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 貴景勝が逆転で御嶽海を退けた。ぶちかまして相手を起こし突き放す体勢に入ったが、腕をはね上げられて距離を詰められ前進を許した。土俵際に追い込まれ相手の猛攻を食い止めながら、右の突き落としで土俵にはわせた。対戦成績で通算6勝7敗ときっ抗している相手から白星を挙げて3日目から4連勝。「勝ったり負けたりの勝負をしている相手。たまたま(最後)右が出ただけ。体が動いてくれた」と振り返った。

 兵庫県芦屋市出身。阪神大震災発生時は生まれていなかったが、「地元だから親からよく話は聞く」という。それだけに「もっと相撲を極めて、自然と(被災者の)活力になってもらえるようになりたい」と思いをはせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース