“13歳”岡本碧優、国際大会負け知らず! 東京五輪金メダル最有力

[ 2019年9月16日 05:30 ]

スケートボード パーク世界選手権 ( 2019年9月14日    ブラジル・サンパウロ )

女子パークで優勝した岡本碧優の演技
Photo By 共同

 東京五輪予選対象大会の今季最終戦を兼ねて行われ、女子は13歳の岡本碧優(みすぐ、Proshop Bells)が61・17点で初優勝し、今季予選大会3戦全勝とした。昨年覇者の四十住(よそずみ)さくら(17=和歌山・伊都中央高)が60・00点の2位、同2位の中村貴咲(19=木下グループ)は45・57点で8位。男子は夏冬五輪出場を目指す平野歩夢(20=同)が準決勝80・00点で17位に終わり、決勝進出を逃した。

 中学1年生の岡本が東京五輪金メダル候補の地位を盤石なものとした。シードのため準決勝から登場し、断然の1位で通過。表情の硬かった決勝1回目はミスが出たものの、スピードに乗った2回目はすり鉢状のコースから誰よりも高く跳び上がり、ジャンプしながら1回転半する「540」などの大技を次々と決めた。最後は板を縦軸に回転させてから右手でつかむ「キックフリップ・インディー」を成功させて観衆の喝采を浴び、「試合で決まってよかった」と笑みを浮かべた。

 昨年11月の世界選手権は11位で今年5月の日本選手権も準優勝だったが、6月のデュー・ツアー(米国)、7月の国際オープン(中国)と五輪ランキングポイントの対象大会で2連勝。8月には都市型スポーツの祭典Xゲーム米国大会に初出場初優勝と、国際大会では負け知らずだ。「エア」の高さは女子トップでトリック(技)の難易度は男子レベル。昨年の世界選手権ワンツーの四十住と中村を現時点で超え、世界女王に上り詰めた。

 それでもトリックはすぐにまねされ、追い越される世界だけに本人は貪欲だ。「優勝はうれしいけど、最後の演技を決め切れなかったのは悔しい。今回は僅差だったので、全ての演技で高得点を出せるようにしたい」。四十住との1・17点差を糧にして、さらに高いレベルを目指す。

 ◆岡本 碧優(おかもと・みすぐ)2006年(平18)6月22日生まれ、愛知県高浜市出身の13歳。小学2年からスケートボードを始めた。今年は3月の日本オープン・パーク大会をはじめ、6月のデュー・ツアー(米国)、7月の国際オープン(中国)でも優勝している。1メートル41、36キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース