渋野、バーディー20個も“通算1アンダー”「スコアがポンコツ」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

女子ゴルフツアー・日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯 最終日 ( 2019年9月15日    兵庫県 チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72 )

3番、渋野は苦笑いでフェアウェーへ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 最終18番パー5、残り距離は224ヤード。渋野は3Wを手に池越えの2オンを狙うも、打球はグリーン右に外れ、思わず天を仰いだ。目標の60台を懸けた3メートルのバーディーパットも左へ切れて歓声はため息に。計20個のバーディーを奪いながら通算1アンダーに終わった4日間を振り返り「スコアがポンコツでした」と嘆いた。

 「(昨夏)よくプロテストに通ったなと思いました」。こんな後ろ向きの発言が出るほど渋野には不本意な内容でも、最終日はフェアウエーキープ率100%、18ホール中17ホールでパーオンするなどショットは上々。「気付かなかったですけど、この4日間では一番いいゴルフだったかも。次につながる」。次週のデサントレディース東海クラシックで、再び生涯獲得賞金1億円に挑む。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月16日のニュース