36歳の最年長ランナー中本、8位「楽しかった。やりきった」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)男子 ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

 36歳の出場最年長ランナーで、現役日本男子マラソン選手唯一の世界大会入賞者・中本が、設楽を追う第2集団を引っ張るなど見せ場をつくった。「無理してついて行く必要もないし、しっかり後ろで粘っていれば追いつけると思っていた」。だが、終盤に力尽きて8位。それでも「国内の有望株がそろっていて、駆け引きがあり、何より走っていて楽しかった。やりきった」と充実感を漂わせていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース