元日本記録保持者・高岡氏 服部の大逆転の理由「本番に合わせる力、集中力、勝負へのこだわり」

[ 2019年9月16日 09:30 ]

陸上マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)男子 ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

ラストスパートで大迫(右)を引き離し、服部が2位でゴール(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 【高岡寿成の目】多くの選手が勝負どころと指摘していた35~40キロで、やはりレースが大きく動いた。当然どの選手もその勝負どころに備えて準備していた中で、一番力をためていたのが中村だった。39キロで先に橋本が前に出た時、それにうまくかぶせるような形でスパートした。あのタイミングで出たのはトラックでの経験と、ここで逃げないと最後にやられるという読みがあったからだろう。下りを利用して迫ってきた大迫に一度は追いつかれたものの、後ろに下がらないで我慢することができたのは、最初のスパートで数秒でもアドバンテージを得られたことが大きかった。

 その大迫はレース前から「本命」と言われて一番大きなプレッシャーを感じていたはず。全選手にマークされる中で3位に入ったのはむしろ立派だと思う。服部は本番に合わせる力、集中力、勝負へのこだわりが大迫を上回っていた。

 そして忘れてならないのはスタートから飛び出した設楽だ。2位以内に入ればOKという特殊なレースだったこともあって誰もついていかなかったが、枠にはまらないこういう走りはいずれ結果に結びつく時があるはずだ。まだチャンスはあるので、諦めずに五輪を目指してもう一度頑張ってほしい。(男子マラソン元日本記録保持者、カネボウ陸上部監督) 

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月16日のニュース