×

小原、またも僅差で涙…前回は1秒、今回は4秒届かず「詰めの甘さです」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)女子 ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

2位でゴールした鈴木(右)は東京五輪切符を獲得した。一方の小原は悔しい3着。4秒差で今大会での五輪切符を逃した(撮影・西海健太郎)
Photo By 代表撮影

 小原は前回のリオデジャネイロ五輪では代表に1秒届かず、今回は4秒差に涙をのんだ。ゴールすると地面に両手をついてしゃがみ込んだ。「またやらかしたなと。詰めの甘さです」。

 40キロ地点では2位と33秒離れていたが「リラックスして、リズムを落とさないようにピッチで持って行こう」とリミットを外して驚異的な追い上げを披露。リオの時とは違い、まだ東京五輪の夢が断たれたわけではない。「世界と戦うにはどうすればいいかを追求したい」と前を向いた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年9月16日のニュース