グレコ63キロ級・太田、初の世界一「どんな形でも東京五輪で金を」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

レスリング 世界選手権第2日 ( 2019年9月15日    カザフスタン・ヌルスルタン )

男子グレコローマン63キロ級決勝、金メダルを決め歓喜の太田(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子グレコローマンスタイルが行われ、非五輪階級の63キロ級決勝でリオ五輪59キロ級銀メダルの太田忍(25=ALSOK)がマリャニャン(ロシア)を10―4で破り初優勝した。55キロ級の小川翔太(20=日体大)は銅メダル。五輪階級は97キロ級の奈良勇太(23=警視庁)が3回戦で敗れたが、16日の敗者復活戦に回った。67キロ級の高橋昭五(24=同)と87キロ級の角雅人(25=自衛隊)は敗退した。

 初の世界一にガッツポーズで吠えた。2―4とリードされた第2ピリオド残り1分20秒で、太田が得意のがぶり返しを決めて逆転。「がぶりでいきます」という宣言通りの優勝に、非五輪階級ながら「気持ち良いです。世界一を知らない男だったので」と充実の汗を拭った。主戦場で五輪実施の60キロ級は日体大の後輩の文田健一郎(23=ミキハウス)の結果を待つ立場。階級変更も視野に入れている67キロ級は3位以内に入れず、代表内定しなかったが「60がまだある」とこだわり、「どんな形でも東京五輪で金を獲りたい」と決意を固くした。文田はきょう16日から登場。「サポートします。健一郎以外」とおどけることも忘れなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース