隠岐の海 平幕単独トップ 全勝ターンで初優勝へ闘志満々

[ 2019年9月16日 05:30 ]

大相撲秋場所8日目 ( 2019年9月15日    両国国技館 )

阿武咲(右)を寄り切り全勝を守った隠岐の海(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 隠岐の海が阿武咲を寄り切り、初日からの連勝を8に伸ばした。

 平幕単独トップの中日折り返しは04年秋場所の旭鷲山以来、15年ぶり。得意の右を差せず、はたきにいく場面もあったが、休まず攻めて動き勝った。「前に出られたら何でもできる」。過去2勝5敗の苦手を圧倒できたことで笑顔を見せ、「みんな初日から優勝を目指してますから」と初優勝への意識をのぞかせた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース