大本命・大迫、5秒差で五輪内定逃す…それでも「最低限の最低限」3位死守

[ 2019年9月16日 05:30 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)男子 ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

悔しい5秒差…3位でゴールし、東京五輪切符はお預けとなった大迫(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 悔しさを押し殺した。大本命と目されていた大迫だが、結果は本人いわく「最低限の最低限」の3位。このレースでの代表内定を逃し、「正直なところ力負け。それを真摯(しんし)に受け止めて、今後しっかりやっていくしかない」と完敗を認めた。

 前半の小さな感情の揺れが勝負どころに影響した。設楽の大逃げは想定内。前日には「ラストの3マイル(約4・8キロ)」を試走しており、終盤勝負の展開も読み通り。2位集団で設楽を追走し、37キロ付近で追い抜くと、最後は中村、服部と3人の競り合いに。41キロ手前で一度はトップの中村に追いつきながら突き放され、最終的には服部にも逆転を許した。

 「レースの中で焦った部分があった。自分の心の弱さ。普段よりも前の方でレースを進めたり、アップダウンにいちいち対応したり…それで最後に足が残っていなかった」

 15年にナイキ・オレゴン・プロジェクトにアジア人として初めて加入し、昨年10月にシカゴで2時間5分50秒の日本記録を打ち立てた。高まる期待に「プレッシャーがないと言えばウソになる。でも東京五輪を走るとすれば、それを力に変える方向で考えないと」とプラスに捉え、調整にも自信を持って臨んだが、レース中に何度も右脇腹を押さえるシーンも。マラソンの難しさを改めて突きつけられた。

 それでも3位を死守したことでMGCファイナルチャレンジで日本記録に相当する設定タイムを切る選手が現れなければ、代表が内定する。「コーチと相談して待つか、自分も狙いにいくか、しっかり考えたい」。大迫が難しい選択を迫られることになった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース