貴景勝7勝目!大関復帰へM3 隠岐の海初黒星で全勝消えた 1敗2人、2敗が3人に

[ 2019年9月16日 17:30 ]

<秋場所9日目>玉鷲を豪快に押し出す貴景勝(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 大相撲秋場所9日目は16日、東京・両国国技館で行われ、大関復帰を目指す貴景勝が玉鷲を下し7勝目。大関復帰のマジックを3とした。8勝無敗でトップを走る隠岐の海は、竜電に敗れ初黒星を喫し8勝1敗に。ここまで1敗の明生は琴奨菊をすくい投げで下し8勝。1敗を守ってトップの隠岐の海と並び、2敗で朝乃山、貴景勝、御嶽海の3人が追う展開となった。

 貴景勝は玉鷲の強い押しで上体が起き上がったが、素早く頭を下げて攻め返し、最後は押し出しで破った。

 隠岐の海は前日8日目の取組で阿武咲を寄り切って、自身初の中日での勝ち越しを決めた。この日は竜電相手に積極的に攻め込んだが、最後は足を滑らせるような形となり、引き落としで土がついた。

 カド番の2大関、豪栄道は結びの一番で正代を押し出して6勝。栃ノ心は遠藤との立ち合いで変化、叩き込みで4勝。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月16日のニュース