名大卒“秀才ランナー”鈴木、4秒差で2位死守!2度目の五輪「納得いく走りで勝負したい」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)女子 ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

2位でゴールした鈴木(右)は東京五輪切符を獲得した。一方の小原は悔しい3着。4秒差で今大会での五輪切符を逃した(撮影・西海健太郎)
Photo By 代表撮影

 鈴木は2位でマラソンでは初、トラックと合わせて2度目となる五輪切符を獲得。「(ラストは)もう一度五輪で戦いたいという思いが足を運んでくれた。ホッとしています」と胸をなで下ろした。

 前田のスパートには「思っていたより速くて、きついなと思った」とついていかなかった。20キロすぎから2番手を独走。しかし、昨年8月の初マラソンの北海道では後半ペースを上げることができたが、終盤は足が動かなくなった。40キロで33秒あった3位小原との差は最後4秒まで詰められた。それでも2位を死守し「(前田に)ついていったら(もっと失速して)2位になれなかった。まだまだ力不足。マラソンの怖さを知りました」と振り返った。

 名古屋大卒の秀才はトラックでは15年世界選手権5000メートル9位などを誇る実力者。16年リオ五輪は左足の故障で1万メートルを棄権、5000メートルは予選落ちの不本意な結果に終わった。東京五輪へ向けメダルを狙えるマラソン挑戦を決断し、まずは切符を確保。「五輪では納得いく走りで勝負したい。トラックのスピードを生かせるように練習したい」と1年後の大舞台を見据えた。

 ◆鈴木 亜由子(すずき・あゆこ)1991年(平3)10月8日生まれ、愛知県出身の27歳。豊橋市立豊城中2年時に全中の800メートルと1500メートルの2冠。愛知・時習館高から名古屋大に進み、13年ユニバーシアード1万メートルで金メダル。14年に日本郵政グループ入社。昨年8月に初マラソンだった北海道で優勝した。1メートル54、38キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース