“4強の一角”井上、最下位27位に「悔しいというより戸惑っている」

[ 2019年9月16日 05:30 ]

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)男子 ( 2019年9月15日    明治神宮外苑発着 )

最下位の27位でゴールする井上(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 4強の一角、井上が勝負に絡む前に沈んだ。前半から先頭集団につくことができずに終わってみれば途中棄権を除く最下位の27位。「結果は悔しいというより戸惑っている。ファイナルチャレンジに懸けるしかない」と言葉をつないだ。

 昨夏のジャカルタ・アジア大会を制したことで夏場のレースでの強さを示した。今大会は優勝候補とも目されていたが体が動かなかった。「まだまだ自分に力が足りなかった。体が動かなかった」と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース