プロ6年目・大西、自己最高2位 初の賞金シード獲得へ大きく前進

[ 2019年9月16日 05:30 ]

女子ゴルフツアー・日本女子プロ選手権 コニカミノルタ杯 最終日 ( 2019年9月15日    兵庫県 チェリーヒルズGC=6425ヤード、パー72 )

18番、ティーショットを放つ大西葵(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 首位に6打差の7位から出たプロ6年目の大西が69をマークして自己最高の2位に食い込み、自己最高獲得賞金1580万円を加算。今季の合計獲得賞金を約2256万円とし、初の賞金シード獲得に大きく前進した。

 「また、最後に4パットとかの“オチ”があるのかなと思いましたけど、笑顔でここに来られました」と報道陣の輪の中へ。10メートルを沈めた最終18番のバーディーパットに、自らの成長を感じ取った。

 ▼4位青木瀬令奈 青木翔コーチにパットを見てもらってからよくなりました。(年上だが)しぶこの妹弟子です。(70で回り、前日10位から浮上)

 ▼23位吉本ひかる OBからちょっと…。パットも全然入らなくなりました。(畑岡との最終日最終組対決も7番で9を叩くなど80を叩いて大粒の涙)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース