MGC優勝の中村匠吾 一夜明け「五輪のスタート地点に立ったんだな」、誕生日に決意新た

[ 2019年9月16日 12:56 ]

MGC一夜明け会見 16日に27歳の誕生日を迎え、ケーキを手にピースサインを見せる中村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 15日の東京五輪マラソン代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」で優勝し、男子の五輪代表に内定した中村匠吾(27=富士通)が一夜明けた16日、都内のホテルで記者会見し、「周りからの反響も大きくて、五輪のスタート地点に立ったんだなと思います」とあらためてレースを振り返った。

 16日は27歳の誕生日とあって、会見前にはバースデーケーキが贈られた。「27歳を良い日に迎えることができた。この1年大変なことだったり、プレッシャーもある中で五輪の準備をしないといけないが、代表として自覚のある行動で恥じぬように努力していきたい」と抱負を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年9月16日のニュース