白鵬が鶴竜を“アシスト”日馬は逆転負けで可能性つなげず

[ 2016年11月27日 05:30 ]

大相撲九州場所14日目 ( 2016年11月26日    福岡国際センター )

日馬富士(左)に小手投げで勝利する白鵬
Photo By スポニチ

 勝てば千秋楽まで自力優勝の可能性が残った日馬富士は、結び前の一番で白鵬との横綱対決に屈した。土俵際まで追い詰めるも右腕を手繰られて小手投げで敗戦。V逸について聞かれると「明日、一番ありますので、しっかり務めていきたい」と千秋楽の鶴竜戦へと気持ちを切り替えた。 14日目取組結果

 稀勢の里が敗れて鶴竜に勝てば、稀勢の里と同点での年間最多勝の可能性があるが「それは目標とかではない。ケガをしないで土俵に上がって、自分の役目を果たしたい」と話した。勝って白星を2桁に乗せた白鵬は「横綱としての勝ち越しを果たせたことが一番」とプライドを見せた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月27日のニュース