宇野昌磨引退にネット衝撃「夢をありがとう」「唯一無二のスケーター」「一つの時代が終わった」

[ 2024年5月9日 12:31 ]

宇野昌磨
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で22、23年世界選手権2連覇の宇野昌磨(26=トヨタ自動車)が9日、現役を引退することを発表した。SNSには衝撃が走った。

 宇野は自身のSNSで「この度、現役選手を引退する決断を致しました」と発表。「今日まで競技者としての僕を応援してくださった皆様、支えてくださった皆様本当にありがとうございました」と感謝を伝えた。「5月14日に引退の記者会見を行い、僕の想いや、今後の活動についてはその場でお話しさせていただきます」と、今月14日に引退会見を行うと説明した。

 世界の第一線で活躍してきた宇野に対して、ファンからは「お疲れ様」の声が相次いだ。「たくさんの夢をありがとう」「たくさんの感動をありがとう」「唯一無二のスケーター」と、数々の名演技に対する賞賛と感謝の声が上がった。

 また、「一つの時代が終わった」「芸術性と競技性を兼ね備えた宇野昌磨の世界をもっとずっと観ていたかった」「昌磨くんの芸術的な演技が見れなくなるのは寂しい」など、現役引退を惜しむ声が上がった。

 ◇宇野 昌磨(うの・しょうま)1997年(平9)12月17日生まれ、名古屋市出身。5歳でスケートを始め、15年世界ジュニア選手権優勝。15年転向のシニアでは18年平昌五輪銀メダル、22年北京五輪では個人、団体とも銅。全日本選手権は16~19年4連覇。19年四大陸選手権、22年、23年世界選手権で2連覇。16年4月に4回転フリップ世界初成功でギネス記録。22年9月に女子プロフィギュアスケーター・本田真凜さんとの交際を公表。今年4月30日、2015年からマネジメント契約を結ぶ株式会社ユニバーサルスポーツマーケティングとの契約終了を発表し、本田さんや浅田真央さんらが所属するヒーローズマネジメント株式会社への所属を発表していた。1メートル58。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年5月9日のニュース