正代が石浦撃破「負けられなかった」新三役決定的

[ 2016年11月27日 05:30 ]

大相撲九州場所14日目 ( 2016年11月26日    福岡国際センター )

14日目の取り直しの一番、正代(左)が石浦を押し出しで下す
Photo By スポニチ

 正代が石浦を取り直しの相撲で下した。西前頭3枚目での11勝目で、来場所の新三役は決定的だ。最初の一番は石浦が優勢だったが、正代は土俵際でうっちゃって、もう一丁に持ち込んだ。 14日目取組結果

 取り直しの一番ではパワーを生かして、幕内最軽量の相手を圧倒。「負けられない、というより負けられなかった」と新入幕で優勝争いに絡んだ石浦に気持ちをぶつけた。東京農大の後輩・小柳が十両で首位に立っており「優勝してほしい」とエールも送った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月27日のニュース