トヨタ自動車 2年ぶり王座、アボット13奪三振 太陽誘電下す

[ 2016年11月27日 15:56 ]

<日本女子ソフトボール決勝 トヨタ自動車・太陽誘電>胴上げされるトヨタ自動車・福田監督
Photo By スポニチ

 第49回日本女子ソフトボールリーグ決勝トーナメントは27日、東京・神宮球場で最終日を迎え、決勝ではリーグ戦1位のトヨタ自動車と同2位の太陽誘電が対戦。トヨタ自動車は2回に坂元令奈主将の二塁打を足がかりに先制すると、3回にナターシャ・ワトリーの適時打も飛び出し、投げてはエースのモニカ・アボットが被安打2、13奪三振の力投で2―0で勝ち、2年ぶりの王座奪回を果たした。

 太陽誘電は最多勝と本塁打王の“二刀流”藤田倭が4番投手として出場したが、力及ばず。93年以来23年ぶりの日本一はならなかった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月27日のニュース