谷原6差接近 賞金王争う池田トップも「関係ない」

[ 2016年11月27日 05:30 ]

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン 第3日 ( 2016年11月26日    高知県安芸郡 Kochi黒潮CC=7315ヤード、パー72 )

谷原秀人は16番ティーショットを放つ
Photo By スポニチ

 谷原は朝一番のスタートを生かし、バーディーを量産した。「グリーンがきれいで読みやすかった」と14番で6メートル、15番で5メートルのバーディーパットを入れるなど66を出し、首位と6打差に浮上した。

 今週からパターを「操作ができて、打てる」とマレット型からピン型に替え、3日目でようやく結果が出た。賞金王争いをする池田が首位に立つが「誰がトップかとかは関係ない。優勝目指してやるだけ」と自分のゴルフを貫く。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月27日のニュース