川崎、逆転で7連勝 第4Qに猛攻30得点

[ 2016年11月27日 05:30 ]

Bリーグ第10節第1日 ( 2016年11月26日 )

<富山・川崎>第2クオーター、川崎・永吉(左)をかわしパスを出す富山・岡田
Photo By 共同

 中地区首位の川崎が最下位の富山に73―69で逆転勝ちして連勝を7に伸ばし、15勝目(3敗)を挙げた。西地区トップの三河は琉球に100―88で勝ち、6連勝で14勝4敗とした。琉球は3連敗で8勝10敗。同地区3位の大阪は2位の名古屋Dを90―88で破り、9勝9敗。名古屋Dは10勝8敗。

 川崎は第4Qに猛攻で30得点し、4点差の逆転勝利で7連勝を飾った。第3Qまでは富山の速いパス交換に振り回されたが終盤に得点源のファジーカスにボールを集めてファウルを獲得。ファウル数は富山の23に対して川崎が9だった。中地区最下位を相手に首位の意地を見せた北監督は「こういう試合を勝つことがいい経験になる」と辛勝を前向きに捉えながら話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年11月27日のニュース