木村文子悔しい最下位「出し切れなかった」

[ 2012年8月6日 18:23 ]

女子100メートル障害予選 ゴールし、タイムを確認する木村文子

ロンドン五輪陸上

 女子100メートル障害予選で、木村文子(エディオン)は1組で最下位の7位となる13秒75。準決勝進出を逃した。

 自己ベストの13秒04に遠く及ばない記録。スタートは良かったものの中盤から徐々に出遅れ「全部出し切れなかった、出し切ろうと思っても出し切れなかったレースがこんなに悔しいのか」と不完全燃焼に終わったレースを振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース