ボルト 五輪新記録も「最初のステップにすぎない」

[ 2012年8月6日 10:00 ]

男子100メートルで優勝し、ポーズを決めるウサイン・ボルト

ロンドン五輪陸上

(8月5日)
 注目の陸上男子100メートルは、ウサイン・ボルト(ジャマイカ)が五輪新記録の9秒63で2008年北京大会に続く2連覇を達成した。

 スタートは出遅れたボルトだったが、50メートルを超えて一気に加速。王者の走りを見せつけた。2着はブレーク、3着ガトリン。ジャマイカ勢がワンツーフィニッシュだった。

 新記録での連覇に「無難なスタートを切ることができた。それが最大のカギだった」とボルト。しかし、100メートルの決勝はボルトにとって「最初のステップにすぎない」とし、「200メートルが終われば、すべてが伝説になる」と、これからが勝負であることを強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース