女子・前田は予選17位、男子・中川悔しい9位

[ 2012年8月6日 06:00 ]

ロンドン五輪自転車・トラック

 女子スプリントを行い、前田佳代乃(鹿屋体大)は予選を17位で終えた。1回戦ではミアーズ(オーストラリア)に敗れ、。続く敗者復活1回戦も突破できなかった。4日に行われた男子スプリントでは、中川誠一郎(日本競輪選手会)は9位だった。2回戦、敗者復活2回戦で敗れ、9~12位決定戦でトップとなった。

 ≪前田 自分にがっかり≫前田から苦笑いがこぼれた。「自分にがっかり。タイムが全然出なかった」。予選で自身の持つ日本記録の11秒237を目標にしながら、11秒600の17位と振るわなかった。初めて臨む4年に1度の大舞台にも「緊張はなかった」という。予選で出遅れたため、トーナメント形式の1回戦は強豪選手と顔を合わせ完敗。続く敗者復活1回戦も突破できず、不本意な結果で終わった。

 ≪中川「硬い」9位≫中川は敗者復活2回戦で敗れ、9~12位決定戦に回り9位だった。「仕上がりがみんな違った。相手の方が上だった」。憧れの初舞台は、世界の厳しさを痛感する結果となった。「体が硬かった。(体に)重りが乗っているようだった」。敗者復活戦2回戦では、フランス選手に中盤でスパートをかけられ追い付けなかった。「はね返された感じ」と力の差を認めた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース