ウッズ、68マークも11差…出遅れ悔やむ

[ 2012年8月6日 06:00 ]

世界ゴルフ選手権シリーズ ブリヂストン招待第3日

(8月4日 米オハイオ州アクロン ファイアストーンCC=7400ヤード、パー70)
 ウッズは68をマークしたものの、首位のフューリクとは11打差で「パットさえ決まっていたら優勝争いに入れたのに」と第2ラウンドまでの出遅れを悔しがった。

 それでも「最終日もいいプレーをして、来週の全米プロ選手権の準備にかかる」と話し、メジャー大会に向けて早くも気持ちを切り替えていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース