“切り札”ホラニ、11カ月ぶり先発で復調アピール

[ 2012年8月6日 06:00 ]

 ラグビー・トップリーグのパナソニックは5日、北海道網走市内でヤマハ発動機とオープン戦を行い、元日本代表No・8のホラニ龍コリニアシ副将(30)が復調ぶりをアピールした。

 昨年9月のW杯初戦フランス戦で右膝前十字じん帯を断裂し、対外試合では11カ月ぶりの先発。前半26分に敵陣ゴール前のスクラムから左に持ち出して右中間にトライを奪った。昨季はトップリーグに出場せず、2季ぶり優勝奪還の切り札となる攻守の要。「開幕戦に向けてめどが立ったよ」。9月1日のリーグ戦初戦リコー戦(秩父宮)に向けて頼もしい男が戻ってきた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース