松田、メダル候補のエースまさか…またも予選敗退

[ 2012年8月6日 06:00 ]

男子50メートルピストル予選で敗退した松田

ロンドン五輪射撃

 男子50メートルピストルに出場した松田知幸(36=神奈川県警)は予選8位タイの6人によるシュートオフで3位となり、決勝進出を逃した。10年の世界選手権で2冠を達成し堂々のメダル候補として臨んだエースが、10メートルエアピストルに続く予選敗退となった。

 「公式練習で調子が良かったので(10点を外す)失点の一つ一つにプレッシャーがあった」と松田。予選では8点も目立ち、岸高監督も「力みがあるのか苦しんでいた」と振り返る。同点が6人となった5発(10・9点満点)のシュートオフでは1、2発目と10点台を叩き出しながら、3発目がまさかの8・1点。「いろいろな思いを背負いながらでも、勝つのがアスリートですから」と天を仰いでいた。

 スタンドの長男・侑大くん(14)、次男・康生くん(11)は「パパがんばれ」と書いたTシャツを着て、応援した。涙を流す康生くんの姿を見た松田は「北京では長男が泣いて、ロンドンでは次男が泣いて…。リオでは家族全員で笑いたい。射撃はやめられないし、4年間、何が足りなかったか考えていきたいです」と16年のリベンジを約束していた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース