「平井3姉妹」ついに悲願達成!寺川、表彰式で涙

[ 2012年8月6日 06:00 ]

銅メダルを獲得し喜ぶ(左から)寺川、加藤ゆ、上田、鈴木

ロンドン五輪競泳 女子400メートルメドレーリレー

 日本代表の平井ヘッドコーチに師事する「平井3姉妹」が悲願を達成した。日程が一部重なる200メートルのエントリーを回避し、メドレーリレーにかけてきた27歳の“長女”寺川は「これを目標にしてきたので、これ以上のものはない。本当にうれしい」と、表彰式で涙をこぼした。

 寺川の強いメドレーリレーへの思いに応えるように下の2人も厳しい練習に励んできた。4月の代表選考会後は3人で他国の戦力分析を行い、レースのイメージを膨らませてきた。私生活ではいつも一緒に食事にでかけ、恋愛話に花を咲かせるほど仲がいい3人は気持ちを一つにして、このレースに挑んだ。25歳の“次女”加藤は「いつも通り、最後にバテた。チーム力は日本が一番」と号泣した。アンカーの重責を果たした24歳の“三女”上田は「ドキドキした。前の3人がいい形でつないでくれた。メダルを持って帰りたかった」と笑顔を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2012年8月6日のニュース