大物ゲスト先に登場 本命キビレ“拍子抜け”

[ 2020年8月31日 07:00 ]

何とか本命・キビレをゲットした伊藤
Photo By スポニチ

【芸人が釣る!】吉本興業のお笑いコンビ「官兵衛」の伊藤貴之が東京湾へ。ルアーブランド・ベイゴーゴーが手掛けるガイド船で、東京湾でもひそかに流行し始めている関西発祥の「ボトムチニング」に挑戦。本命はクロダイ&キビレなのだが…。

 狙いはクロダイ、キビレとマゴチ。船には笠原亮也船長とカメラマンの3人のみで、実質釣り人はボク1人。船長に「今日のステージはあちらです」とボートの前方を指されました。“単独”です。初のVIPな釣りに気分はアゲアゲ。

 蒲田にある船着き場から約30分の場所で、まずはシーバスの穴撃ちから。3投目にヒットし、45センチのシーバスをゲット。続いてマアジ狙いでジグサビキを落とすと、28センチのカサゴとシーバスのダブル。開始1時間でお土産を確保できたので、いざ本命ポイントへ。

 仕掛けはブラックバスのフリーリグで、そこにチヌ用ワームを付けて、底を叩いてズル引きをしていく釣りだが、先ほどまでの好調がウソのように2時間もノーヒット。ここに魚はいるのか?釣れなかったら船長のせいにしようと考えていたら「キター」と叫び声。船長の手には40センチのキビレ。言い訳できないよ。

 恥をしのんでコツを聞く伊藤。言われた通り始めた途端、ヒット!かなりの引きにアドレナリンが出まくるが、釣れたのは60センチの良型ボラ。船内爆笑。

 さらにひったくるような当たりがあり、ジジジ…とラインが出される。50センチオーバーの予感。慎重にやりとりをして海面に上がってきたのは、60センチ超のツバクロエイ。何でやねん!

 30分後にそこそこの当たりに、そこそこの引き。釣り上げると40センチオーバーのキビレ。本命はうれしかったのですが、エイとボラの強烈な引きを経験して感覚がバカになってしまい、正直物足りなく感じてしまったのでした。

《芸人こぼれ話》僕には5歳上の姉がいます。

 昔から変わった子供だったようで、姉が幼稚園の時、家で飼っていたヒヨコに頭からかじりついて、母に怒られたら「フライドチキンの元でしょ?」。ヒヨコを宙に放り投げ、父に怒られたら「羽があるから飛べるでしょ?」と独自理論を展開するキテレツ娘でした。

 家の事情でヒヨコを手放すことになり、家畜や動物を飼育している公園に引き取ってもらいました。

 そこから4年。小学4年生の姉が泣きながら帰ってきました。遊びに行った公園で、1羽のニワトリに執拗(しつよう)に追い掛け回され攻撃してきたとのこと。姉いわく「あれはウチで飼っていたやつに違いない」。

 後日、父親と公園に確認しに行くと、姉の姿を見て追い掛けてくるニワトリが確かにいたそう。そのニワトリを見て父も「ウチのだ」と確信!ニワトリの顔には、くっきりと昔の歯形が残っていたのでした。

 くわばらくわばら。

◆伊藤 貴之(いとう・たかゆき)1986年(昭61)生まれ、岐阜県出身の34歳。18年に石橋俊春とお笑いコンビ「官兵衛」を結成しデビュー。よしもと若手の劇場、ヨシモト∞ホール(東京・渋谷)で修業を積んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る