本命への熱い思い ピンクに恋する35センチマダイ 良型止まらん“クロダイアイランド”

[ 2019年6月26日 06:19 ]

小型ながら清水さんは本命を連発
Photo By スポニチ

 【純平の磯リポート】水温の上昇とともに増える餌取り。それをかわして本命を釣るのもこの時季ならではのだいご味だ。秋田県男鹿半島ではマダイが狙える。“クロダイアイランド”は新潟県佐渡島。良型が連発した。(スポニチAPC 小林 純平)

 ◎秋田県男鹿半島

 入釣したのは椿漁港近くの館山崎の磯場。周辺の水深は6~8メートルで、ドン深のポイントはほとんどない。この日同行した男鹿市の清水俊一さん(55=会社員)と北端に釣り座を決めたが、海は川のように速い下り潮で、仕掛けがあっという間に100メートルほど移動する。マダイ狙いは流れる時がチャンスとはいえ、こうも速くては…。
 時間が経過しても、2人の仕掛けに反応するのは20センチ前後のマアジだけ。しかし、このアジがしつこい。練り餌で仕掛けを入れても、タナになじむ前にウキが浮き沈み…。しかし2時間ほどで速い潮がなくなり、緩くなったときにチャンスと思い、ここで「チヌパワーくわせダンゴ」釣法に切り替えた。数投目には期待通りに待望のマダイがダンゴごと食い込んだ。愛竿に伝わる魚信は大きくはないがクロダイの引きとは違う軽快な走りを繰り返す。抜き上げたのは35センチほどのパールピンクも鮮やかな本命のマダイに汗も吹き飛んだ。
 続いてマアジに手を焼いていた清水さん、付け餌をオキアミから練り餌の「食い渋りイエロー」に変え、仕掛けが30メートル以上沖合に流れた付近で本命が食ってきた。少し前から餌が残るようになってきたから「そろそろかな?」と思っていたという。
 流れがほとんどなくなってからは、マアジの群れも去り、2人で数匹のマダイを手中にしたが、この日は、期待していたハリスをブッチ切っていくような大物との遭遇はなかった。

 ▼使用タックル ロッド=磯1・25号53、リール=トーナメントLBD、ライン=バリバス・ゼロフカセ3号、ハリス=ゼロハリス2号、ハリ=ジークABL真鯛8号、ウキ=0・8号。

 ▼釣況 男鹿市・つりショップ海風=(電)0185(24)2933。

 ◎新潟県佐渡島
 釣り場は、佐渡汽船のフェリーやジェットフォイル行き交う両津港の一文字堤防。朝イチのフェリー到着後9時頃には竿を出すことができる。
 長い付き合いのある長岡市の釣りクラブ(夜鷹会)のメンバーと堤防に上がったが、筆 者には初めての釣り場である。  同行した長岡市の高橋孝三さん(47=会社員)は、昨シーズンこの堤防から40匹以上のクロダイを釣り上げていて、一段と気合が入る。
 水深は約8メートルと深いが、竿下から数メートル先には海藻がずっしり生えているから、仕掛けの投入ポイントは20~30メートル付近まで遠投である。そして数分後には早くも仲間の竿が曲がった。いくらなんでも早過ぎると思ったが案の定、相手は30センチに迫るマアジだ。
 付け餌がオキアミだとタナでなじむ前にアジがヒットしてくるから「食い渋りイエロー」の練り餌に変えた。
 大きめの練り餌で投入した高橋さんにすぐにクロダイが食ってきた。タモを伸ばす顔もニヤリ。サイズは40センチを超す良型であった。
 次にヒットさせたのは大橋誠さん(53=自営)。筆者と違う浅ダナ(宙層)で食わせたという。これも良い型のクロダイ。
 ちょっと遅れてロッドを曲げたのは松井隆さん(46=会社員、三条市)。アジの連発に手を焼いていたが、ようやく本命をゲットすることができた。
 スッポ抜けから当たりが途絶えていた愛竿に待望のクロダイがヒット。0・6号の軟竿を極限まで曲げて抵抗した末に水面に浮かび上がった魚幅のあるイブシは49センチ。仲間とともに入れ食いを楽しんだ佐渡島。まさしく“クロダイアイランド”であった。

 ▼釣況 佐渡市・山田屋釣具店=(電)0259(52)6513。渡船はあきつ丸=(電)090(3145)3476。渡船料金3000円。

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る