【コラム】戸塚啓

代表“無冠” メッシ誕生日に起死回生なるか コパ・アメリカ崖っぷちアルゼンチン

[ 2019年6月23日 16:00 ]

コパ・アメリカ今大会でも、。タイトルを獲得できずに終わってしまうのか!?アルゼンチン代表FWメッシ
Photo By AP

 リオネル・メッシとアルゼンチン代表の関係は、ひと言では形容しにくいものがある。

 アルゼンチンのサッカーファンは、世界最高峰のプレーヤーと同じ時代を生きる喜びに浸ることができた。一方で、所属するバルセロナに獲得可能なタイトルのほぼすべてをもたらしてきたその男は、アルゼンチン代表に何ひとつタイトルをもたらしていない。
 
 08年の北京五輪で金メダルを獲得しているが、メッシという選手のスケールにはいまひとつふさわしくないタイトルだ。ファンを納得させる材料には、残念ながら成り得ない。

 コパ・アメリカには07年に初出場した。チーム最年少の20歳は背番号18を背負い、グループリーグ初戦からスタメンに名を連ねる。準々決勝と準決勝ではゴールをマークした。アルゼンチンは決勝へ進出するが、ブラジルに0対3で敗れた。

 11年は背番号10を着けた。バルセロナでの実績を考えれば当然で、開催国のアルゼンチンは91年以来の優勝をメッシに託す。ところが、準々決勝で伏兵パラグアイにPK戦で敗れてしまう。メッシは大会を通じてノーゴールに終わった。

 15年はキャプテンを任された。前年のブラジルW杯で準優勝に終わっっていることもあり、メッシは高いモチベーションで開催国チリへ乗り込む。アルゼンチンは決勝トーナメントでコロンビア、パラグアイを退け、チリとのファイナルに挑む。しかし、両チーム無得点のままPK戦までもつれた試合は、チリの歓喜という結末に着地する。

 チームの結果が出なければ、背番号10を着けた主将が批判を浴びるのは避けられない。「バルセロナではリーグ戦の試合数より多くの得点を決めているのに、コパ・アメリカではたった1点しか取っていない」と、地元メディアに言われてしまうのだ。

 100周年記念として翌16年に開催されたコパ・アメリカで、メッシは得点ランキング2位の5ゴールをマークする。準々決勝と準決勝でネットを揺らし、周囲を納得させる結果でチリとの決勝戦を迎えた。

 しかし、決勝では沈黙を強いられる。2年連続のスコアレスゲームは、またしてもPK戦に決着が委ねられた。

 アルゼンチンのひとり目はメッシである。ペナルティスポットに向かった背番号10は、短い助走から左足を振り抜く。チリのGKクラウディオ・ブラボの逆を突いたシュートは、しかし、バーを超えていった。4人目のルーカス・ビリアも決められなかったルアルゼンチンは、2対4で敗れたのだった。

 試合後のピッチで涙をこぼしたメッシは、「とても重要なPKを外してしまった。自分の役目は終わった」と発言する。これが代表引退宣言として、瞬く間に世界へ拡散されていった。

 およそ1か月後には前言を撤回し、ひとまず引退騒動は沈静化する。しかし、アルゼンチン代表では依然としてタイトルをつかめない。予選敗退の危機にも瀕した18年のロシアW杯では、決勝トーナメント1回戦でフランスに3対4で打ち負けた。

 メッシも31歳になる。出場できる大会には、そろそろ限りが生じつつある。今回のコパ・アメリカには、心中期するものがあるはずだ。

 ああ、それなのに! 

 アルゼンチンは初戦でコロンビアに0対2で完敗し、パラグアイとの第2戦は1対1のドローに終わった。カタールとの最終戦に勝てば2位浮上の可能性もあるが、引分け以下ならグループリーグ敗退も有り得る。

 メッシの誕生日は6月24日だ。

 31歳最後の23日に行われるカタール戦で、チームをグループリーグ敗退から救うことができるのか。

 32歳になって最初の試合となるはずの決勝トーナメント1回戦を、代表のチームメイトとともに戦うことができるのか。

 母国アルゼンチンに、メジャータイトルをもたらすことができるのか──。(戸塚啓=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る