【コラム】戸塚啓

オーストラリア戦が重要なのは変わらない

[ 2017年8月30日 20:00 ]

練習で軽快な動きを見せる長友(左)と岡崎
Photo By スポニチ

 ひょっとしたら、大変なことになっていたかもしれない。

 8月29日に行なわれたW杯ロシア大会アジア最終予選のUAE戦で、サウジアラビアが敗れた。オランダ人のヴェルト・ファンマルバイクが率いるチームは、勝点を「16」からのばすことができなかった。

 消化試合がひとつ少ない日本は、勝点「17」である。オーストラリアに敗れるようなことがあっても、サウジアラビアに勝点で抜かれることはない。9月5日の直接対決で引き分け以上の結果を残せば、W杯出場の2位以内を確保できる。

 UAEのアシストに感謝しなければならないが、サウジアラビアがもし勝っていたら?

 ホームのオーストラリア戦に、さらに重いプレッシャーがかかっていただろう。「絶対に勝たなければいけない」と言われている一戦が、「絶対に、絶対に、絶対に、勝たなければいけない」一戦となっていた。

 サウジアラビアの敗退に、胸をなで下ろしている場合ではない。そもそもの論点は、UAE対サウジアラビア戦がなぜ29日に行なわれたのか、である。

 アジア最終予選の第9節は、日本のグループBだけでなくグループAも31日開催で足並みを揃えている。UAE対サウジアラビア戦だけが、29日に行なわれた。

 試合を早く開催すれば、そのぶんだけ試合間隔は空く。サウジアラビアは30日にも日本戦を行うジッダへ戻り、準備へ取りかかることができる。長距離移動や時差の影響もほとんどない。気候もほぼ同じである。

 一方の日本は、現地時間9月2日の午前にジッダに到着する予定だ。長距離移動による疲労と6時間の時差を、試合までの3日間で乗り越えるのは簡単でない。その結果としてサウジアラビアに敗れるようなことがあったら――責められるのは、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督と選手たちだけなのだろうか。僕にはそうは思えない。

 海外組が合流できるタイミングを考えると、日本対オーストラリア戦を29日に行なうのは不可能だった。だとすれば、「UAE対サウジアラビア戦も同日開催に」と、声をあげるべきだったのではないか。スポーツの枠を超えた理由で29日になったとしても、サウジアラビアは明らかなアドバンテージを得ている。不利益を被る日本が、沈黙を守る必要はない。

 勝敗はディティールに宿るのだ。次回以降のW杯予選で同じことを防ぐためにも、なぜそうなったのかを確認し、広く知らせていくべきだと思う。

 そして、オーストラリア戦が重要なのは変わらないことも、改めて認識するべきである。9月5日のアウェーゲームを、厳しい条件下で戦うこともまた、何ひとつ変わりはない。(戸塚啓=スポーツライター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る