【コラム】戸塚啓

UCL決勝で最も輝いた選手 12年5月19日GKペトル・チェフ(チェルシー)

[ 2019年5月27日 07:00 ]

UEFAチャンピオンズリーグ   バイエルン・ミュンヘン1-1(PK3-4)チェルシー ( 2012年6月19日    アリアンツ・アレーナ(ミュンヘン) )

今季アーセナルでのホーム最終戦(19年5月5日)で、ファンの声援にこたえるGKペトル・チェフ
Photo By AP

 UEFAチャンピオンズリーグ(UCL)決勝のベストマッチを選ぶよりも、ベストゴールを決めるよりも、恐ろしく難易度が高い。「決勝で最も輝いた選手」は、試合の数では収まらない。称賛されるべき選手は、敗者にも確実にいるからだ。

 UCLの出場数や得点数、所属クラブの優勝回数から判断すれば、クリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシは決勝で輝いた選手の筆頭格である。イケル・カシージャス、シャビ、ラウール、ライアン・ギグス、アンドレス・イニエスタ、クラレンス・セードルフ、ジャンルイジ・ブッフォンらも、UCL決勝の歴史に足跡を残したレジェンドたちだ。

 ただ、クラブに初のUCLをもたらした意味で、11-12シーズンからチェルシーのペトル・チェフをピックアップしたい。

 チェルシーは07-08シーズンにクラブ初のUCL決勝進出を果たしたが、マンチェスター・UにPK戦で敗れた。チェフはクリスティアーノ・ロナウドのPKを止めたものの、勝利を引き寄せることはできなかった。

 それだけに、4シーズンぶり2度目のファイナルへ到達した12年5月19日のファイナルに、チェフは闘争心をたぎらせていた。

 ドイツのバイエルン・ミュンヘンとの一戦は、80分以降にめまぐるしく動く。83分、トーマス・ミュラーのヘディングシュートでバイエルンが先行する。88分、ディディエ・ドログバが右CKから強烈なヘッドを炸裂させ、チェルシーが同点に追いつく。

 1対1のまま延長戦へ突入した93分、チェルシーはPKを与えてしまう。ここでチェフがチームを救う。アリエン・ロッベンのシュートを読み切り、ゴールを許さない。試合はそのままPK戦へもつれていく。

 ここでもチェフは、ピッチを支配する。先攻のバイエルンが3対2でリードした4人目、イビチャ・オリッチの左足シュートを鮮やかにセーブする。5人目のバスティアン・シュバインシュタイガーのシュートも指先に当て、左ポストの助けも受けてストップした。2人目以降の4選手が成功したチェルシーは、PK戦を4対3で制して初優勝を手繰り寄せたのである。

 この試合のバイエルンは、120分間で35本ものシュートを放っている。枠内シュートは7本にとどまるが、ゴールマウスをかすめるような一撃は多かった。絶え間ない重圧を浴びながら、チェフはゴールにカギをかけたのだった。

 チェルシーはその後もUCLに出場しているが、13-14シーズンのベスト8が最高成績で、ファイナルへ辿り着くことはできていない。チェフ自身も15-16シーズンから所属するアーセナルを含め、上位進出を果たせていない。そして彼は、今シーズン限りでフットボーラーのキャリアに幕を下ろした。

 チェルシーがこれからUCLの舞台に立つたびに、クラブの関係者は、サポーターは、11-12シーズンの歩みを思い起こすに違いない。頭部を保護するヘッドギアを着用したGKは、人々の記憶のなかで息づいていくのだろう。(戸塚啓=スポーツライター)

続きを表示

この記事のフォト

バックナンバー

もっと見る