PR:

SG「第27回グランドチャンピオン」あと4日 ボートレース鳴門

選考勝率1位の菊地孝平(右)と準地元・香川支部の重成一人
Photo By スポニチ

◎トップスターター菊地&アーティスト重成に期待

 選考勝率1位に輝いたのはご存じ、トップスターターの菊地孝平。選考期間内の成績はメモリアル(桐生)優勝などSG優出3回、2年ぶりのグランプリ優勝戦進出を果たした。グラチャンは14年の第24回(浜名湖)を制覇。これがうれしい地元SG初優勝だった。今年は1月の浜名湖周年記念Vと幸先の良いスタートを切り、ランキングの好位をキープしている。昨年の鳴門G1では8戦オール0台スタートの末に優勝という菊地ならではの結果を出した。年末を視野に入れ、一つギアを上げるのにもってこいの舞台だろう。

 昨年のオーシャンカップに続き残念ながら地元の徳島勢は不在。準地元のレーサーとして活躍を期待されるのがお隣香川び重成一人だ。昨年は前回大会(蒲郡)を含めて3度のSG優出を重ね、そろそろSGを勝ってもおかしくない選手の一人といえる。甘いマスクもさることながら、美しい旋回で魅せる“アーティスト”昨年1年間のSGにおける5コース戦は8戦4勝、2着2回。2連対率75%と“神ってた”。「5コースの重成」は覚えておいて損はない。

 あす17日は桐生順平、茅原悠紀両選手を紹介する。

[ 2017年6月16日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

バックナンバー

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(ギャンブル)

      ※集計期間:07月23日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      競馬

      重賞ニュース

      スポニチ競馬モバイル

      競輪

      ボートレース

      オートレース