×

在阪民放アナのリレーコラム「アナランド」

ABC・東留伽アナ 疲れを癒やすホームシアターでのおうち時間

[ 2020年9月27日 05:30 ]

自慢のホームシアターを披露するABC・東留伽アナウンサー
Photo By 提供写真

 帰宅して、ホッとひと息つく。『社会人1年生』の重圧から解放される。そんな時、疲れた心を癒やしてくれるのが、自慢の「ホームシアター」だ。今年4月に入社したばかりのABC・東留伽アナウンサー(23)。7月に「プロジェクター付きシーリングライト」を購入した。部屋の天井照明に映写機が内蔵されているン万円の代物で、部屋の真っ白なカベに100インチの大きさの映像が映し出される。「大画面で好きな映画を毎晩、観ています」と英気を養っている。

 北海道出身の東アナは学生時代、大阪在住の祖父母宅から阪大に通った。祖父母の家の近くの映画館に通って新作映画を月に3、4本鑑賞。4年間で150本以上を網羅し、映画の世界にどっぷり。「いつかはホームシアターを」という夢を持つようになった。大学時代の友人とは新型コロナの影響で交流を控えており、会社の同期と「餃子パーティーを開いたり。もちろん、映画を観ながら」と楽しんでいる。今は「アベンジャーシリーズを観たい」と計画中だ。

 コロナ禍で入社して1カ月は自宅で研修。5月からようやくアナウンサー実習を受けた。7月1日にラジオのニュース番組で『初鳴き』。さらに、秋の番組改編で1年目ながら大役を任されることになった。10月から全国ネット「朝だ!生です旅サラダ」(土曜前8:00)、情報番組「キャスト」(月~金曜後3:48、関西ローカル)のサブキャスターと、同局の看板番組のレギュラーに。「ラジオも楽しい。情報番組をやりたいけど、スポーツも。来る者拒まずで頑張ります」と貪欲だ。(古野 公喜)

 ◇(あずま・るか) 1997年6月23日、北海道出身の23歳。札幌南高から大阪大人間科学部卒。2020年4月、朝日放送に入社。大学時代、競技ダンスで2度の日本一に。趣味は読書、ダンス。ニックネームは「あずまる」。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る