看護師ボクサー・津端、入江の金メダル祝福「活躍とても刺激になった」

[ 2021年8月5日 05:30 ]

看護師ボクサーの津端ありさ
Photo By スポニチ

 女子フェザー級でボクシング女子初の金メダルを獲得した入江聖奈(20)の快挙から一夜明けた4日、開会式で注目を集めた看護師ボクサーの津端ありさ(28)がスポニチ本紙取材に答え「凄くうれしい。一気に遠くの人になってしまった感じ」と祝福した。

 日本代表の強化合宿などでともに切磋琢磨(せっさたくま)してきた2人。入江の引退発言については「本人が発言したならば、そう(引退)なのかな。お疲れさまと伝えたい」とねぎらい。コロナ禍による世界最終予選中止で東京五輪への道が絶たれた津端だが「聖奈の活躍はとても刺激になった。改めて自分もやってやるぞという気持ちになった」とパリ五輪での活躍を誓った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「結婚特集」特集記事

2021年8月5日のニュース