×

小倉優子 右目にできた「ものもらい」を切除することをアップ写真とともに報告 「このようになるなんて」

[ 2021年8月5日 18:23 ]

小倉優子
Photo By スポニチ

 タレントの小倉優子(37)が5日までに、自身のインスタグラムを更新。ものもらいがあり、切除することを明かした。

 「今日の収録は、ものもらいが目立たないように前髪を作りました」と書き出すと、前髪を下ろしたロングヘアにワンピース姿の全身ショットと、右目をつむったアップの写真を投稿した。右まぶたに腫れがあり、「ものもらいは、昨日眼科で診ていただき今週に切ることになりました!!霰粒腫(さんりゅうしゅ)というものもらいで、しこりが残りみたいです」(原文ママ)と説明した。

 「『ものもらいなんて、直ぐに治る~』と思っていたので、このようになるなんて 今後は、何でも直ぐに病院に行かないとと思いました!!!」とつづると、「皆さまも何かありましたら直ぐに病院へ行ってくださいね」と締めた。

 小倉は2日の投稿で「以前できたものもらいが残ってしまい目立つようになりました しこりが残るタイプのものもらいみたいです!!」「今までものもらいは簡単に治ると思っていましたが、今後は病院へ行こうと思います」と記していた。

 小倉の投稿に、フォロワーからは「早く治りますように。。休める時はゆっくりして下さいね」「ありゃ!ウィンクと思ったら!ゆっくり休んでください」「お大事に~」といったコメントが寄せられている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2021年8月5日のニュース