光浦靖子、留学先のカナダで友達できた! コロンビア人女性の気遣いに感激「大らかさがかっこいいな」

[ 2021年8月5日 16:20 ]

「オアシズ」光浦靖子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子(50)が5日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1・00)にリモート出演し、カナダ・バンクーバー留学生活の近況を報告した。

 光浦は「大竹さん元気~?早くカナダ来なさいよ!毎日リラックスできて、こんな生き方があるんだって。自分の人生で初めて」と、テンション高めで報告。「こっちの気温は24度で、過ごしやすいよ。カナダの人は『暑い暑い』って言うんだけど、東京に住んでた人間には平気なんですよ」と、健やかな日々を送っているという。

 「日本人の留学生が多いですね。今は留学ができる国が少なくて、イギリスとかオーストラリアに行きたかった人たちがカナダに来ていて。うちのクラスは4人が日本人で外国人が3人って感じです」と、留学事情について話す光浦。進行役の大竹まこと(72)から「クラスで4人もいると、1人でそこに行ったって感じはなくなっちゃうよね」と問われると、「そうなのよ(日本人は)みんな30代のビジネスパーソンで。日本人同士でも、日本語は一切使わずにね。日本語で話せば一言で済むことを、英語でなんとか伝え合って」と、奮闘しているという。

 以前の放送で、光浦は学校に友達ができないことを嘆いていたが「コロンビア人の30代の女性と仲良くなりました!『飲みに行こうよ』『山にハイキングに行こうよ』っていろいろと企画してくれて。大らかさがかっこいいなと思って」と、親切なクラスメートに感激していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年8月5日のニュース