丸山桂里奈 母国開催の五輪に「うらやましい」 夫・本並と日本代表Tシャツ姿でエール!

[ 2021年7月22日 08:52 ]

元なでしこジャパンでタレントの丸山桂里奈
Photo By スポニチ

 元サッカー女子日本代表選手でタレントの丸山桂里奈(38)が22日までに、自身のインスタグラムを更新。昨年9月に結婚した元サッカー日本代表の本並健治氏(57)とともに、五輪アスリートへエールを送った。

 「わー東京オリンピックが始まりましたーーソフトボール女子開幕戦からはじまり、そのあとはなでしこジャパンが試合になります。選手はもちろん、スタッフ、関係者のみなさまそして、ボランティアのみなさま、たくさんのみなさまの努力だったり支えが選手の力になるんだなと思いました!!私も母国でオリンピックがやりたいなとずっと思ってきたので、選手で出場できないことは今の選手がうらやましい気持ちでいますが、みんなの声援を力に変えて自分たちらしく楽しんで欲しいなと思います。そして、私も選手にたくさんの念を送ります!!」とエールを送り、アシックスの日本代表のTシャツを着た、本並との仲睦まじい2ショットを投稿。丸山は日本代表として、オリンピックに出場経験があり、2012年のロンドン五輪では銀メダルを獲得している。

 フォロワーからは「頑張ってほしいですね、なでしこジャパン!!」「ドキドキー!」「なでしこファイト」「ツーショット、めっちゃ可愛い」「夫婦円満」という声が寄せられた。

 女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」は21日、東京五輪1次リーグE組初戦(札幌ドーム)で女子カナダ代表と対戦し、1―1の引き分けだった。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月22日のニュース