光浦靖子 カナダ留学で伸び伸び 街歩きながら感激の涙…「こんなにストレス感じず生きていいんだ」

[ 2021年7月22日 15:52 ]

「オアシズ」光浦靖子
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オアシズ」の光浦靖子(50)が22日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1・00)にリモート出演。今月からカナダ・バンクーバーへ留学しており、留学後初のメディア出演を果たした。

 「私はカナダからリモートで喋ってます!」と登場。コロナ禍での渡航なだけに、厳格なPCR検査とホテルでの隔離を経て、指定ホームステイ先へ。語学学校に通い始めて3日目と報告した。

 ホームステイ先は「夢のようなちゃんとしたおうちで。コンクリートジャングルみたいな都会で一人暮らししてたから、朝起きたらヨーグルトとフルーツが添えられた朝食なんて30年ぶりで。バチがあたるんじゃないかと思うほど。人が作ってくれたご飯をこんな食べていいのかみたいな」と大感激したという。

 前日の夕食の残りをランチボックスに詰めて学校に持って行っており、毎日手作りの食事を食べられている状況に「今、天国なのよ」と喜びの声を挙げた。さらに「金曜日の夜はムービーナイトってやってくれて。他に留学生2人いて、寮みたいな感じでね。家族で映画見ながらパパがポップコーン作ってくれる」と楽しい生活を送れているようだ。

 さらに「常に人の目を気にして長いこと生きてきて。人の目を気にせず歩くとか勉強したくてするとか、こんなにストレス感じずに人って生きていいんだ!って。バンクーバーの街を歩きながら涙出たもん。こんなにリラックスできるんだ人って!って思って。伸び伸びだよ、おかげで白髪が減りましたよ」と充実している様子を明かした。

 語学学校では「クラスメートとの接し方とか立ち位置がつかめない。隣の席の19歳なんだよ!」と苦笑。現在はまだ学校とホームステイ先を往復するだけの毎日だというが「年齢差の詰めていけるように頑張ります」と明るい声で意気込んでいた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年7月22日のニュース