尾木ママ、小林賢太郎氏解任に「過去の誤りだからと許す気持ちの強い方は国際的良識のレベルが極めて低い」

[ 2021年7月22日 16:25 ]

教育評論家の尾木直樹氏
Photo By スポニチ

 教育評論家の「尾木ママ」こと尾木直樹氏(74)が22日、自身のブログを更新。東京五輪・パラリンピック組織委員会が開閉会式制作・演出チームで「ショーディレクター」を務める小林賢太郎氏(48)を解任したことについて、持論を展開した。

 「開会式クリエイティブチーム、ディレクターの小林賢太郎氏が組織委員会橋本会長から【解任】されました 組織委員会は何をしているのか!?」とした上で「先日の小山田氏辞任の際に“全ての責任は全て私にあります”(橋本)とか“チェックしていなかったーー”(武藤)などといいながら、すぐにチェックしていなかったのでしょうか?信じられないです」と任命した大会組織委員会の責任について言及。「これは必ず国際問題に発展することは間違いありません!とんでもないことですーー」とし「私は会長、事務局総長の2人の責任を厳しく問いたいですーー」と続けた。

 小林氏は芸人時代、NHK教育番組のキャラクターに扮して企画を練るというコントの中で「ユダヤ人大量惨殺ごっこ」という文言を使う場面があった。ネット上では動画が拡散されて批判の声が続々と挙がり、22日に解任された。一方で、ネタの一部を切り取った上での批判に対し、疑問の声も出てきている。

 尾木氏は23日に行われる開会式については「64年オリンピックの開会式のオリンピック賛歌でシンプルに入場行進するだけを希望します」と提案し「過去の誤りだからと、許す気持ちの強い方は民族絶滅、障害者抹殺へ嫌悪する【国際的良識】のレベルが極めて低い証ではないでしょう! 残念過ぎますが」と締めくくった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月22日のニュース