海老蔵カレーでお・も・て・な・し 妻・麻央さん闘病中の野菜スープが原点

[ 2021年7月22日 05:30 ]

「海老蔵カレー」の試食会に出席した市川海老蔵
Photo By スポニチ

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(43)が21日、都内で自身が開発した「海老蔵カレー」(税込み1080円)の試食会に出席した。集まった記者たちにもカレーを振る舞う海老蔵流の“おもてなし”で商品をアピールした。約1年かけ開発。「昨今、おもてなしの精神が欠けている日本ですが、おもてなしの会見をしている感じがします」と笑った。

 カレーには特別な思いが込められている。亡き妻の小林麻央さんが闘病生活をしている時に作った野菜スープが原点。余ったスープを素材に「小麦アレルギーを持つ自分の子供たちに配慮してカレーを作るようになった」と説明。そのため今回の商品も化学調味料や保存料などを使わない健康に配慮したものになっている。長女の堀越麗禾ちゃん(9)、長男の堀越勸玄くん(8)も試食して協力。海老蔵は「勸玄が99点、麗禾はお世辞で100点と言ってくれました」と笑みを浮かべた。

 「海老蔵カレー」はこの日、Eコマースアプリ「ENU(エヌ)」で販売された。自ら生配信でカレーを紹介し、約20分で925個が完売した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年7月22日のニュース